回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーやアクセスが増加しても

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

したがって事業者を選定の際には、料金だけでなく回線や設備の品質も含めてサービスを選定する必要があることが分かります。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。

通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月に1000円程度ということも。

いったん、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードauではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインとして使っていくために安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。

それでも使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

現在、格安SIM・格安スマホを提供する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どのMVNOも大差はない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例えば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由として通信速度は、通信回線の帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「太い回線帯域」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

よく読まれてるサイト>>>>>おすすめの格安SIMでテザリングは出来るのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です